冬になると肌が乾燥

冬になると肌が乾燥してしまい、皮膚がつっぱる、肌がカサカサする、粉ふき、かゆくなるという症状で悩む人は多いです。冬に限らず、年中この症状で悩んでいる人もいるかもしれません。

皮膚の水分量が低下することで発症する乾燥肌の症状は、皮脂の分泌量の低下、紫外線、衣服などからの摩擦などによって起こります。その中でも、原因として多いのが日頃の肌ケアや入浴方法です。

自分の肌に合わない化粧品や石鹸を使っている、熱いお風呂に入ることで乾燥肌は起こりやすいです。肌に合わない化粧品などを使うことで肌サイクルが乱れやすいですし、熱いお風呂は皮脂が必要以上に取り除かれてしまいます。

また、お風呂で体を洗うときにこすりすぎるのもよくありません。乾燥肌の症状が悩みの人は、これらの点に注意をしてみましょう。化粧品や石鹸などは、できるだけ刺激がないモノを選ぶことが大切ですし、本格的にケアしたいなら肌に何もつけないようにすることも効果的です。

そして、お風呂ではぬるめのお湯を使うようにして、体を洗うときは柔らかいタオルなどを利用して優しく洗います。このような対策をするだけでも乾燥肌が徐々に改善されます。乾燥肌に悩まされない生活を送るためにも、正しいスキンケアを心掛けましょう。